2016年02月10日

おいでよ どう大谷千晶ぶつの森」マリオシリーズの

全国のDSステーションにて マリオシリーズの家具14種類を順次配信していくそうです. プレゼントは2種類ずつ、2週間ごとに更新とのこと. 7月 6日 ~ 7月19日: 「スター」または「どかん」 7月20日 ~ 8月 2日: 「ノコノコこうら」または「ハテナブロック」 情報元: http://www.nintendo.co.jp/ds/ds_station/dl_service/index.html. ハマスが選挙で圧勝し、トリノオリンピックを目前にしたこの時期に、アカデミー賞作品賞・監督賞など5部門ノミネートされたスティーブン・スピルバーグ監督の『ミュンヘン』. 予告編でも「今世界に問う、真の平和とは何か? 」という宣伝コピー. この宣伝コピーが映画のテーマそのものだった. 1972年のミュンヘンオリンピックでイスラエル選手がパレスチナ人ゲリラに射殺された事件に対し、イスラエル政府は"報復"を選択. その"報復"を遂行すべく動く工作員を主人公とした映画に、当初は『RONIN』や『ニキータ』のような作品かと思っていた. だが、これはそんなスパイや暗殺者の映画ではなく、この映画を観る人全てに"真に平和を問う"、少々哲学的な傑作である. "真の平和とは何か? " 自分の大切な人たちと生きることか. 邪魔者を排除し、血を流してまで得るものか. 9.11のアメリカ同時多発テロ後のアフガン戦争やイラク戦争でもそうだったが、国民が殺されたら"報復"するのが国家らしい. 国家が存在するから報復の連鎖が続き、今の中東情勢のように一向に平和が来ない. だが、国家が存在しなければ法律も秩序もなく、平和も存在しなくなる. こんなジレンマの中で苦悩する主人公エリック・バナ. また、この映画でも描かれていたが、いくら首謀幹部を殺しても次々と後継者が現れる. そして逆に自分が徐々に命を狙われる立場になる悪循環. 家族を守る為の行動だったはずが、いつの間にか家族を危険にさらす行動になってしまっている. 映画のポスターの中央に書かれているキャッチコピー「私は正しいのか? 」そのものだ. 尊厳死などの哲学的要素を含む質問に正しい答えはない. だが、"真の平和とは何か? "には正しい答えは必ず存在するはずだと私は思う. むしろ存在してもらわなければならない答えだ. ※アカデミー賞作品賞を取れるかどうかに関して 作品賞受賞作品としてはパンチが弱いのでムリ. 監督賞もスピルバーグは過去に2度受賞しているので、これもムリだろう. こちらもよろしく↓ 深夜らじお@の映画館.
posted by MikiYumie at 10:52| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。